体質改善のインド式マッサージ「UMIKA」江戸川区船堀・新小岩

ディナチャーリアとは3つの生体エネルギー(ヴァータ・ピッタ・カパ)がバランス良く働き、消化や代謝も調和している状態を保つ健康のための『日常的な生活法』のことです。 ヴァータ・ピッタ・カパについて

これを行うと「健康増進」「老化予防」につながり幸福になると言われるので是非取り入れてみて下さい。

1日の流れをお話する前に、アーユルヴェーダ的時間の考え方を簡単に解説しますね。

「ヴァータ時間:2~6時」「カパ時間:6~10時」「ピッタ時間:10~2時」
「ヴァータは軽い・動く」「カパは重い・停滞」「ピッタは熱い・消化代謝」の特徴を持っています。
それを生活に利用し、自分のベストな状態を保っていく考え方です。

  1. 起床:日の出直前(ヴァータの時間)遅くても7時
  2. 排泄:動きがあるヴァータの特徴を利用
  3. 手・顔・口・舌を洗う:舌苔の除去(朝起きた時の口の中には便一回分の細菌がいるそうです、西洋医学の先生が言ってました)
  4. コップ1杯の白湯を飲む:寝ている間の溜まった毒素の排出(ご自身が快適と思われる温度で)
  5. 鼻うがい:視力の改善、鼻づまりや呼吸器感染症の予防に
  6. 歯磨き、ごま油でのうがい
  7. オイルマッサージ:入浴やシャワーの前に 時間がない時には頭、耳、足裏だけでもマッサージ(オイルマッサージには「若返り」「皮膚を強く」「筋肉を柔らかく」「血管の調子を整える」「リラクゼーション」など良い事が沢山!
  8. 運動:自分の体質に合った運動法
  9. 入浴
  10. 食事:自分の消化力、時間の消化力を活用
  11. 瞑想
  12. 睡眠:ピッタ時間になる前カパの時間の重く停滞する性質を利用する

夜更かししていて夜中お腹が急に空いたり、深夜2時を過ぎると急に目が冴え動きやすくなることありますよね!

ヴァータ体質の人は普段から動きすぎるところがあるのでヴァータの時間はゆっくりしてみるやピッタ体質の人は太陽の輝きが強い時間は熱くなる行動を避ける、カパ体質の人は動きやすいヴァータ時間を使って運動してみる
消化力の強いピッタ時間(昼間)を1日のメインの食事にするなど

それぞれ、自分の体質の特徴と時間の特徴を上手に利用して出来る事を無理なく取り入れてみて下さいね(^^)

100項目のチェックでご自身の体質・生活法を知りたい方は お問い合わせへ

江戸川区/船堀・新小岩│マッサージサロンUMIKA PAGETOP