体質改善のインド式マッサージ「UMIKA」江戸川区船堀・新小岩

月経痛、絞られてるような握られているような
何とも表現しがたい痛み

薬に頼らなければならないほどの痛みや起き上がれない方もいるほどの月経痛

下半身を握られているような裂けるような何とも表現出来ない痛みに何度も薬に頼った事があります。

この痛みの原因の多くはヴァータが増悪したと考えます。
ヴァータが増悪すると肩や腰の痛み、便秘、冷え、不眠、ガスが溜まるなどの症状が出ます。神経や管の流れや動きが過剰になったり詰まったりするのです。
そのため生理時に過剰に痛い、血の塊が出るので痛い等の症状が出るのですね。

対処法としては
☆太白ゴマ油を体に塗り(特に下半身)お風呂やカイロなどでの発汗、温める
☆月経中は過剰な仕事や運動を避けゆっくり過ごす
☆食事や睡眠時間(7~8時間)を基礎正しく
布団で寝る、電気やテレビを消すなどの寝る姿勢や時間は重要
☆便秘の解消(運動不足もしくは油分不足)
私は油不足で便秘でした、素焼きアーモンドやオリーブオイルなどを食べるようにしたらニコニコ

食べ物の性質が体に作用するので
温かい食事にし、乾いたもの、缶詰、辛味のもの、渋味を減らし体の乾燥や冷えを予防して下さいね!

好みのアロマや音楽でリラックスするようにし上記の方法を無理なく生活に取り入れてみてください!!

鎮痛剤、タンポンは子宮筋腫、血液凝固、月経困難症になりやすいと言われていますのでなるべく使わないで根本から体を変えていけるといいですね(^-^)

江戸川区/船堀・新小岩│マッサージサロンUMIKA PAGETOP