新小岩・船堀でマッサージならUMIKA(海薫)

アーユルヴェーダとは

DSC_2994

アーユルヴェーダは、病気にさせない「医学」

病気を治すことは、もちろん
不調やストレスに早く気が付き、予防することが大切なことですよね(^^)

「健やかに人生を送る」ための智慧
それが「アーユルヴェーダ」です。

 

ヴァータ・ピッタ・カパについてはこちらへ

インドで発祥した、アーユルヴェーダの歴史は5000年
世界でもっとも古い「医学」と考えられています。

東洋医学と西洋医学の大きな違いは、「人をみるか」「病気をみるか」と言われますよね。

今、あなたに起きている不快な症状が、薬で治まったとしても、それを起こす原因を取り除かないと、また同じ繰り返しです。

その原因となるものが
◆自分の消化力を考えていない食事量
◆体質に合わない行動
◆自然の流れに逆らった生活習慣
◆過度な不安やイライラ
◆睡眠不足
など

何気ないことから始まるのだと、アーユルヴェーダを習ってそう感じました。

現代に生きる私たちには、原因となる行動をしない。
それは、とても大変なことなのですが…

大丈夫、出来ることはあります!

まずは、自分はどんな人なのか
どんな体質を持っているのか

自分を知ることから始めませんか!

快適に過ごせるよう、体質から分かる食事や生活法をお伝えします。

アーユルヴェーダマッサージが必要な理由

 


「活性酸素」という言葉を、聞く事があると思います。
汚れ ⇒ 体をサビつかせる ⇒ 老化 ⇒ 病気などの原因と言われていますよね!

私たちの身体を、機械に例えて考えてみましょう。

故障の原因となることとして、老朽化・部品の異常・サビ・汚れ・ゆがみ・回線経路のトラブル…いろいろありますが。

サビには「オイル」が落ちやすくないですか?
張り付いた油汚れや、劣化を防ぐときにも「オイル」を使うことがありますよね。

サビや汚れ(未消化物)は、身体の「管」に張り付き、流れを乱すため
◆身体の疲れがとれない
◆便秘、下痢を起こす
◆肩に老廃物(コリ)が溜まる
◆血液循環が悪く、冷えやむくみの原因になる
◆ホルモンが伝達されなく、子宮のトラブルが起きる
◆やる気、元気が出ない

こんなことが起きると、考えられています。

私たちの身体のサビ、汚れなどは、オイルで取ってしまおう!
そして、健康に楽しく生きよう!

これが、オイルマッサージの必要性と効果です♪

機械を正しく扱わないと、故障や傷みが早くなるように、私たちの身体も正しく扱えば、「120歳まで生きられる」、と言われています。

まずは、サビや汚れを取り去り、体内をキレイにすること。
その後に、汚れないように、劣化しないように予防をすること。

これを目標に、マッサージを行っていきます。

ハーブオイル

ハーブオイル

酸化を防き、浄化作用が一番高いと言われている「セサミ(ゴマ)オイル」

このセサミ+数種類の「薬草成分を含むオイル」使用します。

細かい所まで浸透する力が強い、セサミオイル。
このセサミの力で、隅々までオイル成分が届くのです。

UMIKAうみかでは、インドの医療機関で使われているオイルを使用しています。

体質チェックと症状などを伺い、あなたのお体に馴染み、整えるオイルを選びます。

トリートメント+食事やライフスタイルのアドバイスで、内から外からアプローチします。

お気軽にお問合せ下さい。

ストレス解消と、リラクゼーションを目的として行っています。
医療行為は行っておりませんので、ご了承下さい。



ヴァータ・ピッタ・カパについてはこちら